ショートステイとは

 短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。  介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。 ご利用できる期間として短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。ご利用できる対象者として、利用者の方の状況や病状が悪い場合や家族(介護者)の疾病、冠婚葬祭、出張、また家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減があげられます。

利用者負担

※日常生活費(食費・滞在費・理美容代など)などは、別途負担する必要があります。 ※サービス費用は、施設の形態、居室の種類、職員の配置などによって異なります。ケアマネージャー、もしくは施設にお問い合わせください。(フレスコ浅草の費用は決定次第、当ホームページにてお知らせいたします)