ご入居をお考えの方へ

介護老人福祉施設の特徴

 介護が常時必要で、在宅では生活が困難になった高齢者が入居出来る老人福祉施設の1つで、特別養護老人ホーム(特養)と呼ばれます。生活全般において様々な介護を受けながら生活し、基本的に終の棲家として余生を施設で過ごす人が多く、特別養護老人ホームは、地方公共団体や社会福祉法人などが運営する公的な施設であるため、全国で約52万人余りの待機者がいるのが現状です。